ポー(フランス)(読み)ぽー(英語表記)Pau

日本大百科全書(ニッポニカ)「ポー(フランス)」の解説

ポー(フランス)
ぽー
Pau

フランス南西部、ピレネーザトランティク県の県都。15世紀以来ベアルン地方の中心都市。人口7万8732(1999)。ガーブ・ド・ポー川の右岸、ピレネー山脈北麓(ほくろく)の標高210メートルに位置する。同山脈の眺望に優れ、鉱泉があり、夏は避暑地、冬はウィンタースポーツの中心地として、有数の観光・保養都市となっている。ワイン、食料品の取引や、織物、靴の生産も行われる。第二次世界大戦後は北西郊ラックの天然ガスと結び付いて金属工業などが発達する。ブルボン王朝の始祖アンリ4世の生誕地で、その宮殿が残り、博物館となっている。

[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android