ポン教(読み)ポンきょう(英語表記)Bon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポン教」の解説

ポン教
ポンきょう
Bon

チベットのム dMu族が信奉した招福排禍の呪術的信仰。ム族と古くに婚姻関係で結びついたピャー Phyva族,すなわちのちの吐蕃王家もこれを信奉し,ム族の故郷シャン・シュンやム・ピャー族を父系にもった金川の東女国,すなわちスムパの地なども含めて,仏教以前のチベットに広く行われた。その司祭者をシェンと呼び,開祖をシェンラプ・ミオと名づけている。9世紀後半以後に仏教との習合が起り,後代では仏教にならって組織化されたため,今日では非仏教的要素をすべてポン教の名のもとに指摘している。仏教が外来宗教であるのにならって,ポン教もイラン方面を発生地に指定するが真偽は定めがたい。敦煌文献ではポンとシェンを区別する例もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android