ポロス島(読み)ポロスとう(英語表記)Nísos Póros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポロス島」の解説

ポロス島
ポロスとう
Nísos Póros

ギリシア,エーゲ海西部にある島。サロニコス湾南部,アルゴリス半島東端に近接して位置する。中心集落ポロス古代にはカラウリア Kalauriaと呼ばれ,前 322年デモステネスが逃れてきて服毒自殺をした地として知られる。前6世紀建設のポセイドン神殿遺跡があり,アテネ市民の行楽地となっている。面積 23km2人口約 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ポロス島」の解説

ポロス‐とう〔‐タウ〕【ポロス島】

PorosΠόρος》ギリシャ南部、サロニコス湾の島。サロニコス諸島に属し、ペロポネソス半島に最も近い。実際には狭い水路で隔てられたカラブリア島スフェリア島の大小二つの島からなる。主な町はポロス。紀元前6世紀のポセイドン神殿ビザンチン様式の宗教画が見られるゾードホスピギ修道院が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android