ポラニ則(読み)ポラニソク

化学辞典 第2版「ポラニ則」の解説

ポラニ則
ポラニソク
Polanyi rule

1935年,M. Polanyiおよび堀内寿郎によって見いだされた反応の活性化エネルギーに関する経験則.原子Aと分子BCとの反応

A + BCAB + C

について,原子Aを同じに属する他原子A′にかえたときの反応

A′ + BC → A′B + C

に対して生じる活性化エネルギーの変化ΔEは,反応熱の変化ΔQ

ΔE = αΔQ (1 > α > 0)

の関係にある.この関係は,原子AまたはA′と分子BCとの反発によるエネルギー増加がほぼ等しく,また生成物側のABまたはA′Bと原子Cとの反発エネルギー曲線が反応熱の差だけ平行にずれているとすれば理解される.アルカリ金属ハロゲン化アルキルの反応などについて,この規則がよく成立することが見いだされている.また,触媒反応について反応分子を系統的にかえたとき,吸着熱と活性化エネルギーの変化についてもこの関係がみられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android