ポモ族(読み)ポモぞく(英語表記)Pomo

翻訳|pomo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポモ族」の解説

ポモ族
ポモぞく
Pomo

アメリカ,カリフォルニア州に住み,ホカ語族に属する言語を話す北アメリカインディアンの一民族。サンフランシスコの北 80~160kmにあるロシア川河谷の海岸から内陸までを居住地域とし,20の地域集団に分れて暮していた。食糧は魚,水鳥,シカどんぐり,塊茎類など豊富であり,北部には価値ある塩の包蔵地があり,南部ではビーズの材料となるが産出するなど,欠乏を知らない富裕な人々であった。彼らの製作するビーズや羽毛飾りのあるバスケットは最高のものといわれる。宗教儀礼には秘密結社の踊りや霊魂の擬人化などが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ポモ族」の解説

ポモぞく【ポモ族 Pomo】

北アメリカのカリフォルニア文化領域,現在のアメリカ合衆国カリフォルニア州中部のサクラメント川支流のロシア川流域からコースト・レーンジズ(海岸山脈),太平洋岸におよぶ地域に居住していたアメリカ・インディアン。言語学的にはホカン語系に属し,部族名は彼らの言葉で〈人々〉の意味。伝統的な住居丸太の骨組みを樹皮でおおった半地下式の円錐形であった。生業基盤は堅果類,禾本科植物の種子などの採集,サケなどの魚類の漁労,シカ・ノウサギ狩猟であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポモ族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…なかでもカリフォルニア北部では,漁労に対する依存度が高く,人口数はサケ・マスの潜在的漁獲高に比例していた。ポモ族,マイドゥ族,ヨクーツ族,ルイセニョ族などが代表的な部族である。
[グレート・ベースン文化領域]
 カリフォルニア州東部のシエラ・ネバダ山脈とロッキー山脈との間に広がる乾燥地帯をいう。…

※「ポモ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android