ポトフ(読み)ぽとふ(英語表記)pot-au-feu フランス語

日本大百科全書(ニッポニカ)「ポトフ」の解説

ポトフ
ぽとふ
pot-au-feu フランス語

ポトフとはフランス語で「にかけた(なべ)」という味をもち、フランスの代表的な家庭料理の一つで、澄んだポタージュの一種である。鍋に塊のままの牛野菜類、香辛料を入れて長時間煮込んだもので、煮汁をスープとして食べるだけでなく、いっしょに煮込んだ肉と野菜がメイン料理となり、2品の料理として食することができる。また漉(こ)した煮汁はほかの料理のブイヨンとしても用いられる。主材料となる牛肉は、おもにすね肉、かた肉、もも肉を用い、野菜類はニンジン、タマネギ、カブ、セロリ、キャベツ、ポロネギなどが使われる。ジャガイモなどデンプン質の多い野菜を用いると煮汁が濁るので避けたほうがよい。塊のままの肉と野菜に、香辛料としてブーケガルニを加えて長時間煮込み、ともに形は保ちながらごく柔らかい状態に仕上げる。煮汁は沸騰させると濁りやすいので、火加減は弱火を保つ。できあがりの煮汁は、漉して脱脂をしたうえで調味し、スープとする。肉と野菜は適当な大きさに切って大皿に色どりよく盛りつけ、粗塩(あらじお)、こしょう、マスタード、ピクルス、ホースラディッシュ(ワサビダイコン)などを薬味として添えてスープとともに供する。

[田中伶子]

『辻調理師専門学校監修『料理食材大図鑑 マルシェ』(1995・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「ポトフ」の解説

ポトフ【pot-au-feu(フランス)】

フランスの代表的な家庭料理の一つ。牛などの肉類・じゃがいも・にんじん・かぶ・たまねぎなどの野菜類を香草などとともに長時間煮込んだもの。汁は調味してスープとして、具は別盛りにして食べるのが一般的。◇「火にかけた鍋」という意。「ポトフー」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ポトフ」の解説

ポ‐ト‐フ

〘名〙 (pot-au-feu 「火の上の鍋」の意) スープ鍋のこと。転じて、肉と野菜類を煮込んだスープ。
バナナ(1959)〈獅子文六〉食補「フランス料理で、ポ・トオ・フウってのがあるの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ポトフ」の解説

ポトフ(〈フランス〉pot-au-feu)

《火に掛けた鍋の意》大きく切った肉や野菜に香草を加えて煮込んだ、フランスの素朴な家庭料理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android