ボーメ比重計(読み)ボーメひじゅうけい

百科事典マイペディア 「ボーメ比重計」の意味・わかりやすい解説

ボーメ比重計【ボーメひじゅうけい】

液体の比重測定に用いられる浮秤の一種で,ボーメ度目盛ったもの。目盛が等間隔になるのが特徴で,化学工業に広く利用される。フランスボーメ〔1728-1804〕の考案に由来し,彼は重液用の目盛として食塩の15%溶液を15ボーメ度,純水を0ボーメ度としてその間を15等分し,軽液用には食塩の10%溶液を0ボーメ度,純水を10ボーメ度としてその間を10等分した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典 「ボーメ比重計」の意味・読み・例文・類語

ボーメ‐ひじゅうけい ‥ヒヂュウケイ【ボーメ比重計】

〘名〙 (ボーメはBaumé) フランスの化学者ボーメが考案した比重計。浮子を液中に浮かせ、液面下に沈んだ部分の長さによって比重を知る。この比重計の目盛をボーメ度という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ボーメ比重計」の意味・読み・例文・類語

ボーメ‐ひじゅうけい〔‐ヒヂユウケイ〕【ボーメ比重計】

浮きばかりの一。フランスの化学者ボーメ(A.Baumé)が1766年にアルコール濃度を決定するために考案。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典 「ボーメ比重計」の解説

ボーメ比重計

 食塩の濃度を測定するための浮きはかり.10%食塩水を0度,純水を10度としてその間を10等分する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ボソン

ボース統計に従う粒子。ボース粒子ともいう。スピンが整数の素粒子や複合粒子はボソンであり,光子,すべての中間子,および偶数個の核子からなる原子核などがその例である。またフォノンやプラズモンのような準粒子...

ボソンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android