ペルシュロン(読み)ぺるしゅろん(英語表記)Percheron

日本大百科全書(ニッポニカ)「ペルシュロン」の解説

ペルシュロン
ぺるしゅろん
Percheron

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の1種ウマの1品種で、フランスペルシュ地方原産。輓(ばんば)としては世界中にもっとも普及した。大形と小形があり、体高はそれぞれ1.8メートル、1.6メートル程度である。小形のものは戦後日本に輸入され、馬産に貢献した。

[加納康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ペルシュロン」の解説

ペルシュロン

〘名〙 (percheron)⸨ベルシュロン⸩ 馬の品種の一つ。フランスのペルシュ地方原産の輓馬。体高は一六〇~一七〇センチメートルの大形馬で、体格は頑強で四肢は太く蹄も大きい。日本へは明治以後輸入され、主として北海道の農馬の改良に使用された。葦毛、青毛が多い。〔モダン辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ペルシュロン」の解説

ペルシュロン(〈フランス〉percheron)

馬の一品種。フランス、パリ西方のペルシュ地方の原産。体はがっしりとし、輓馬ばんばとして世界中に普及。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android