ベルナデット・スビルー(読み)べるなでっとすびるー(英語表記)Bernadette Soubirous

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ベルナデット・スビルー」の意味・わかりやすい解説

ベルナデット・スビルー
べるなでっとすびるー
Bernadette Soubirous
(1844―1879)

フランスの修道女。南フランス、ルルドに貧しい粉ひきの娘として生まれる。生来、とくに聖母マリアへの信仰心が厚く、1858年、町の外れのマッサビエルの洞窟(どうくつ)で薪(たきぎ)拾いの最中に、彼女に聖母マリアが数度にわたって顕現し、さらに同所に泉がわき、それがいわゆる霊水となり、ルルドの町は世界のカトリック信者の巡礼聖地となった。ベルナデット自身は、中部フランス、ヌベールの町のサン・ジルタール修道院の修道女となり、そこで短いが信仰厚い生涯を終えた。1933年、ローマ法王ピウス11世によって聖女の位に列せられ、その遺骸(いがい)はいまも同修道院の礼拝堂でガラス張りの聖遺匣(せいいこう)の中に安置されている。

[榊原晃三 2017年12月12日]

『榊原晃三著『奇蹟・ルルドの泉』(1985・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典 「ベルナデット・スビルー」の解説

ベルナデット・スビルー

生年月日:1844年1月7日
フランスの聖女
1879年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android