ヘルマン カーザック(英語表記)Hermann Kasack

20世紀西洋人名事典「ヘルマン カーザック」の解説

ヘルマン カーザック
Hermann Kasack


1896.7.24 - 1966.1.10
ドイツの小説家
元・ダルムシュタット文学アカデミー会長。
ポツダム生まれ。
ポツダムに生まれ、ベルリン大学などで文学と経済学を学ぶ。出版社勤務のかたわら、1918年詩集「人間」、’20年同「島」などを発表。’27年からフリーの文筆家。ナチス時代は執筆禁止、国内亡命生活を送る。終戦後の’47年発表した「流れの背後の町」が、カフカ的な手法で注目を浴びる。’49年ドイツの東西分裂に際し、西独シュトゥットガルトに移住。’53〜’59年ダルムシュタットの文学アカデミー会長を務める。小説に短編織機」(’49年)、長編「大きな」(’52年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「ヘルマン カーザック」の解説

ヘルマン カーザック

生年月日:1896年7月24日
ドイツの小説家,詩人
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android