ビドック(英語表記)Vidocq, François Eugène

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビドック」の解説

ビドック
Vidocq, François Eugène

[生]1775.7.24. アラス
[]1857.5.11. パリ
フランスの警察隊隊長,回想記作者。もと兵士。詐欺罪で送られた徒刑監獄から脱獄パスキエ公のもとでスパイ,次いで解放徒刑囚からなる警察隊の長となる。しばらく工場を経営して破産,警察に戻るが窃盗教唆により再び入獄代筆による『回想録Mémoires (4巻,1828~29) ,『盗人たち』 Les Voleurs (1837) がある。バルザックの『人間喜劇』中の人物ボートランのモデル。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典「ビドック」の解説

ビドック

生年月日:1775年7月24日
フランスの警察長官,回想記作者
1857年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ビドック」の解説

ビドック【François Eugène Vidocq】

1775‐1857
フランスの警察官。窃盗のかどで徒刑に処せられたが脱走,各種の犯罪を重ねるうち逮捕,収監された。やがて同房の囚人の告白を密告,1810年以降,スパイとして警察に協力した。17年パリ警視総監アングレスのもとで犯罪捜査課を創設,初代課長を務めた。犯罪者こそが,もっともよく犯罪者を知りうるとする,古い刑事行政理論を体現して犯罪者の摘発に成果をあげたが,地位を利用して窃盗を働いたために,27年罷免された。その目ざましい活躍と数奇な運命は,バルザックにボートラン,ユゴージャン・バルジャンのヒントを与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android