ハヌカ(英語表記)Hanukkah

翻訳|Hanukkah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハヌカ」の解説

ハヌカ
Hanukkah

ユダヤ教の年中行事の一つ。ヘブライ語で奉献,奉納を意味する。ユダヤ教の理想を再確認し,特に,異教徒によってけがされたエルサレムの第2神殿を奪回したことを祝う祭り。ユダヤ暦の 9月25日(グレゴリオ暦で 12月頃)から 8日間にわたる祭りの間に毎日 1本ずつろうそくがともされ,光の祭りともいわれる。マカベア書によると,前165年,ユダヤ人のギリシア化(ヘレニズム化)を強行したセレウコス朝シリアのアンチオコス4世エピファネスに勝利したことを祝うため,ユダス・マカバイオスによって定められた。ユダス・マカバイオスの命によって神殿は清められ,新しい祭壇が設けられ,キスレウ(キスレブ Kislev,ユダヤ暦 9月)の 25日に奉献された。ユダヤ教の聖典タルムードによると,ユダス・マカバイオスが神殿に入ったとき,けがされていない聖油は小さなかめ一つだけであった。たった 1日分しかないその聖油に火をつけてみると,神殿が奉献されるまでの 8日間燃え続けたという。その言い伝えにちなみ,祭りの期間が 8日間と定められた。祭りで最も重要なのは,8枝(または 9枝)の燭台ハヌキアに火をともすことである。今日のイスラエルではハヌカは国民の休日と定められており,イスラエル議会などの著名な建物の上にはハヌキアが飾られる。期間中は聖油の奇跡にちなみ,ラトケス(ポテトパンケーキ)やスフガーニーヤー(ジャム入りドーナツ)など油で揚げた菓子を食べる。トランプ遊びが一般的に行なわれ,子供たちはドレイデル(ヘブライ語で sevivon)と呼ばれる 4面に文字の書かれたこまで遊ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ハヌカ」の解説

ハヌカ(Hanukkah)

ユダヤ教の祝祭の一。紀元前2世紀に、シリア王国から奪回したエルサレム神殿を清めて神に奉納したことを記念するもの。ユダヤ暦キスレブ月(12月ごろ)25日から8日間、燭台しょくだいに1灯ずつ明かりをともす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android