ハイブリッドコンピューター(英語表記)hybrid computer

デジタル大辞泉 の解説

ハイブリッド‐コンピューター(hybrid computer)

アナログコンピューターの計算速度、デジタルコンピューターの大記憶容量など両者長所を利用する目的で、両者を接続して1台としたコンピューター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハイブリッドコンピューターの言及

【アナログコンピューター】より

…とくに非線形計算や大規模な計算になるほど精度の劣化は大である。これらの欠点を除くためにディジタル技術を導入したり,ディジタルコンピューターを接続してデータ処理性の改善,精度の向上を図ったハイブリッドコンピューターが生まれた。 アナログコンピューターの用途としては,計算速度が速いためにパラメーターを変えることに対して解の変化を容易にとらえることができるので,自動制御などのダイナミックな系の設計やフライトシミュレーター等各種のシミュレーターに用いられた。…

【コンピューター】より

…これに対して電圧や幾何的な位置などの連続的な数量,つまりアナログ量をそのまま素子や回路レベルで扱うものをアナログコンピューターと呼ぶ。純粋なアナログコンピューターではプログラミングが不便なので,ディジタル回路を加味したハイブリッドコンピューターが主に使われる。ファジー論理を扱うファジーコンピューターはハイブリッドコンピューターである。…

※「ハイブリッドコンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android