ノイラミニダーゼ(読み)のいらみにだーぜ(英語表記)neuraminidase

日本大百科全書(ニッポニカ)「ノイラミニダーゼ」の解説

ノイラミニダーゼ
のいらみにだーぜ
neuraminidase

糖タンパク質や糖脂質などに作用してシアル酸を切り離す酵素である。コレラ菌、ガス壊疽(えそ)菌の培養液やインフルエンザウイルスが強い酵素活性を示す。この酵素は、インフルエンザウイルスによる赤血球凝集反応の研究過程でみいだされ、最初はレセプター破壊酵素とよばれていた。インフルエンザウイルスが赤血球に結合する部位を破壊する酵素という意味である。今日では、コレラ菌の培養液の酵素は結晶化されている。また各種の精製されたノイラミニダーゼは、複合糖質の構造と機能の研究に幅広く役だっている。

村松 喬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ノイラミニダーゼ」の解説

ノイラミニダーゼ(neuraminidase)

糖鎖の末端に結合したシアル酸を切り離す作用をもつ酵素。微生物・植物・動物の細胞膜の表面に存在する。インフルエンザウイルスでは、ヒトなどの宿主の細胞内で増殖したウイルス粒子が、細胞膜から離脱して別の細胞に感染するのに重要な役割を果たす。タミフルリレンザなどのインフルエンザ治療薬は、ノイラミニダーゼを阻害することでウイルスの増殖を抑える。NA。→ヘマグルチニン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「ノイラミニダーゼ」の解説

ノイラミニダーゼ
ノイラミニダーゼ
neuraminidase

EC 3.2.1.18.糖鎖末端のシアル酸を切断除去する酵素で,シアリダーゼ(sialidase)ともいう.ホモ四量体として存在する.インフルエンザウイルス粒子の表面に存在する酵素は,戦略上の武器となっている.[CAS 9001-67-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のノイラミニダーゼの言及

【シアル酸】より

…一方,インフルエンザウイルスは細胞膜のシアル酸を認識することによって細胞に吸着する。そのあとで,ウイルスが持っているノイラミニダーゼneuraminidase(シアル酸を切り離す酵素)の作用で,シアル酸の結合を切り,この時に起こる細胞表層の立体構造変化を利用してウイルスは細胞内に侵入すると考えられている。【村松 喬】。…

※「ノイラミニダーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android