ヌーボー(英語表記)Nouveau, Germain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ヌーボー」の意味・わかりやすい解説

ヌーボー
Nouveau, Germain

[生]1851.7.31. バール,プリエール
[]1920.4.4. バール,プリエール
フランスの詩人マルセイユリセ教鞭をとったのちパリに出,1874年ランボーを知り,ともにロンドンに渡る。ベイルートやパリで教職につくが,後半生は狂気と神秘主義の交錯する状態のなかで,乞食同然の放浪生活を続けた。作品は多く死後出版。いわゆる「呪われた詩人」の一人として近年注目を集め,1970年にプレイヤッド叢書の一冊として全集が出た。作品には『愛の理論』 Doctrine de l'amour (1881作) ,『ユミリスの詩』 Poèmes d'Humilis (1910) ,『アベ・マリステラ』 Ave Maris Stella (12) ,『バランチーヌ』 Valentines (22) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典 「ヌーボー」の意味・読み・例文・類語

ヌーボー

(nouveau) 〘名〙
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一五「其外に洋卓(てえぶる)がある。チッペンデールとヌーーを取り合せた様な組み方に」
② (形動) (ぬけてぼうっとしている様子を外国語に託していったもの) 動作や顔付きなどがつかみどころのないさま。また、態度が鷹揚でこせこせしないさま。
道程(1914)〈高村光太郎〉泥七宝「もって生れたぬうぼうで、ちょちょんがよいやさと切れて来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ヌーボー」の意味・読み・例文・類語

ヌーボー(〈フランス〉nouveau)

[名]
新しいこと。新しいもの。
アールヌーボー」の略。
ボージョレヌーボー」の略。
[ト・タル]《ぬうとして、ぼうとしているさまをの音に掛けていったもの》人の行動や性格がつかみどころのないさま。「ヌーボーとした人物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

旅券返納命令

外務大臣や領事官が旅券(パスポート)を返納させる必要があると認めたとき、旅券の名義人に対し、期限を設けて旅券の返納を命ずることができる規則。申請時に虚偽の記載があったときや旅券の記載事項の訂正をした場...

旅券返納命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android