ヌーク(英語表記)Nuuk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヌーク」の解説

ヌーク
Nuuk

グリーンランド首都。旧称ゴットホープ Godthåb。デービス海峡に臨む。 10世紀より北ヨーロッパからの漁民集落があった。 1721年,宣教師ハンス・エーゲデが植民地を建設し,デンマーク領の基礎をつくった。 1979年エスキモー語である現名称に改称気候は典型的なツンドラ気候で,平均気温は最暖月 (7月) 6.8℃,最寒月 (1月) -9.2℃。年降水量は約 600mm。早くから狩猟漁業基地として利用され,近くではトナカイヒツジ放牧も行なわれる。また,北アメリカから北ヨーロッパへの大圏コース (大圏航路 ) 上に位置するため,軍事的に重要。議会,裁判所,外国領事館,無電局,放送局も置かれている。人口 1万4501(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ヌーク」の解説

ヌーク(Nuuk)

デンマーク領グリーンランドの首都。旧称ゴートホープ。グリーンランド南西岸に位置する。紀元前よりイヌイットが居住し、18世紀にデンマーク‐ノルウェー連合の宣教師が植民地を建設。1979年に自治政府が置かれ、現名称になった。

ヌーク(Nook)

ヌック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヌークの言及

【グリーンランド】より

…北ヨーロッパ人の混住・混血も見うけられるが,主たる住民はエスキモー。1953年以来デンマーク本土と区別のない王領の一地方で,79年に自治領となると,地名も〈ヒトの国〉を意味するカラーツズリツ・ヌナーツKalâtdlit‐Nunâtと呼ばれ,主都もゴトホープからヌークNûkへと改名した。985年,赤毛のエイリークが到来,〈緑の島〉と命名して以来,北ヨーロッパ人が居住し,1126年司教座が置かれ,1261年ノルウェー領となる。…

※「ヌーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android