ヌル(英語表記)NULL

翻訳|null

デジタル大辞泉「ヌル」の解説

ヌル(NULL)

日本のSF同人誌。筒井康隆が父や兄弟を同人として昭和35年(1960)に創刊創刊号を目にした江戸川乱歩が、雑誌「宝石」で紹介したことから注目を集める。のちに小松左京眉村卓などの作家や、当時高校生だった堀晃らも同人として参加。昭和39年(1964)までに全11号を発行して終刊。その後、昭和49年(1974)から昭和52年(1977)にかけて復刊した。

ヌル(null)

プログラミング言語データベースにおいて、変数やデータが何も含まれない状態のこと。または、文字列を表す。ナルナル文字ヌル文字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「ヌル」の解説

ヌル

プログラム内で、変数に値が何も入っていないこと。またはそれを表すコードのこと。ASCIIコードでは、「00」。空文字、ヌル・キャラクター、ヌル・コードなどと呼ばれることもある。どのアドレスも指していないポインターをヌル・ポインターという。空文字または、不要なデータの削除に使われる架空のデバイスをヌル・デバイスという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「ヌル」の解説

ヌル【null】

データベースにおける、値が存在しない空の文字列。長さ0の文字列であることを意味する「""」や「&rsquot;&rsquot;」で表される。プログラミング言語においては、変数に何もデータが入っていないことを意味する「null」などの特殊な表記で表される。◇「空文字列」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android