ヌジ遺跡(読み)ヌジいせき(英語表記)Nuzi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヌジ遺跡」の解説

ヌジ遺跡
ヌジいせき
Nuzi

前2千年紀の中頃に栄えたメソポタミアの都市遺跡。現在のヨルガンテペ。バグダードの北 240km,キルクークの南西約 13kmに位置する。前 15~14世紀頃ミタンニ王国のもとにフルリ人の町として栄えた。 1925~31年アメリカの E.キエラ,M.スタールらによって調査された。アッカド時代にはガアスルと呼ばれていたが,ミタンニ王シャウシャタルの時代 (前 15世紀) にヌジと呼ばれるようになった。ここからフレスコ画のある王宮,メソポタミア風の住居,墓が発掘され,アッカド語で書かれた法律,経済文書など当時の風俗習慣を伝える数千の粘土板が出土している。これらのヌジ文書は特に旧約聖書の背景を明らかにする貴重な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android