ヌカボタデ(読み)ぬかぼたで

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヌカボタデ」の解説

ヌカボタデ
ぬかぼたで / 糠穂蓼
[学] Persicaria taquetii (H.Lév.) Koidz.
Polygonum taquetii H.Lév.

タデ科(APG分類:タデ科)の一年草は、下部は地をはって節から根を出し、上部は直立し高さ20~40センチメートル、まばらな毛がある。葉は狭披針(きょうひしん)形で先は鋭くとがり、基部はくさび形、質は薄く両面に毛があり、乾くと緑色になる。葉鞘(ようしょう)は筒状で、同長の縁毛がある。9~11月、紅色花を開く。果実は三稜(さんりょう)形。湿地に生え、本州から九州、および朝鮮半島に分布

[小林純子 2020年12月11日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android