ヌア族(読み)ぬあぞく

世界大百科事典内のヌア族の言及

【タイ族】より

…シャンとはビルマ族がタイ族をよぶ名称で,中国人はパーイとよんでいる。(3)中部メコン川グループ (a)ヌア族 雲南の南西部のサルウィン川とメコン川にはさまれた地方に分布するが,ラオスのサムヌア地方にも居住する。ヌアとは北方の意であり,〈北方のタイ族〉ということになる。…

※「ヌア族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android