ナコーンラーチャシーマー(読み)ナコンラチャシーマー(英語表記)Nakhon Rachasima

デジタル大辞泉 の解説

ナコン‐ラチャシーマー(Nakhon Rachasima)

タイ北東部の都市。ナコンラチャシーマー県の県都。イサーン地方(タイ北東部)の中心地。首都バンコクの北東約260キロメートル、コラート高原の西縁に位置する。通称コラート。近郊にはピマーイをはじめ、クメール朝時代の遺跡が多く残っている。ナコーンラーチャシーマー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア の解説

ナコーンラーチャシーマー

タイ東部,コーラート高原南部,メコンの支流ムーン川の上流に臨む都市。旧名コーラート。北部国境ノーンカイへの鉄道分岐点で,米,トウモロコシ,キャッサバの取引の中心地。養蚕も行われる。住民には華人,ラオ系民族が多い。53万993人(2006)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版 の解説

ナコーンラーチャシーマー【Nakhon Ratchasima】

タイ東北部にある同名県の県都。人口18万8000(1993)。コーラートKhoratとも呼ばれる。東北部の南西にあって,メコン川の支流ムーン川の沿岸に位置し,中部とはドンパヤージェン山脈によって限られている。東北部の政治・経済の中心地の一つで,交通網の基点でもある。周辺は起伏の多い地形で,低地稲作が行われるほか,丘陵地では水牛などの牧畜が盛んである。ラオ系民族や華僑が多く,古い市域は城壁と堀に囲まれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android