ドーザ(英語表記)Dauzat, Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドーザ」の解説

ドーザ
Dauzat, Albert

[生]1877.7.4. クルーズ,ゲーレ
[]1955.11.1. パリ
フランスの言語学者。特に言語地理学分野での研究啓蒙業績が知られ,『言語地理学』 La géographie linguistique (1922) ,『俚言』 Les patois (27) などの著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ドーザ」の解説

ドーザ

フランスの言語学者。パリの高等研究院に学び,同研究所の教授となった。研究は多方面にわたったが,基礎をなすものは方言学,言語地理学で,著書に《言語地理学》がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

367日誕生日大事典「ドーザ」の解説

ドーザ

生年月日:1877年7月4日
フランスの言語学者
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ドーザ」の解説

ドーザ【Albert Dauzat】

1877‐1955
フランスの言語学者。北フランス・南フランス言語境界線上にある町ゲレに生まれた。パリ大学で法律を専攻すると同時に語源学者A.トマ講義も聴き,エコール・プラティーク・デ・オートゼチュード(高等研究院)でG.パリス,J.ジリエロン,P.パッシーらにフランス語学も学んだ。1896年文学士,99年法学博士,1906年には《ロマンス諸語,ロマンス諸方言における方法論試論》で文学博士となった。大学卒業後,新聞社に勤めスイスベルギースペインイタリアを歴訪した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android