ドナルド トゥスク(英語表記)Donald Tusk

現代外国人名録2016 「ドナルド トゥスク」の解説

ドナルド トゥスク
Donald Tusk

職業・肩書
政治家 EU大統領 元ポーランド首相,元ポーランド市民プラットフォーム党首

国籍
ポーランド

生年月日
1957年4月22日

出生地
グダニスク

本名
Tusk,Donald Franciszek

学歴
グダニスク大学(歴史)卒

経歴
ドイツ系少数民族のカシューブ人大工の父と看護師の母の間に生まれる。大学時代から旧共産主義体制に批判的な学生運動や“連帯”に参加し、地下活動も経験した。1991年ポーランド自由民主会議党首となり、’91〜93年下院議員。自由同盟副党首を経て、’97年〜2001年上院議員・副議長。2001年市民プラットフォーム結成に参加、2003年党首となる。2001〜2005年下院副議長。2005年の総選挙、大統領選では、いずれもカチンスキ兄弟に敗れた。2007年10月の総選挙でカチンスキ兄弟による政治混乱を嫌う世論味方につけ、市民プラットフォームを第1党に導き、11月首相に就任。2011年11月第2次内閣発足。2014年9月辞表提出、12月欧州連合(EU)大統領に就任。東欧出身者がEUの重要ポストに就くのは初めて。民間活力による市場経済の活性化が持論。対ロ強硬派として知られる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android