トールベルク(読み)とーるべるく(英語表記)Friedrich Torberg

日本大百科全書(ニッポニカ)「トールベルク」の解説

トールベルク
とーるべるく
Friedrich Torberg
(1908―1979)

オーストリアのユダヤ系小説家ウィーンに生まれ、1938年スイスに亡命、その後アメリカ合衆国に渡り、51年帰国。つねにアクチュアルなテーマを取り上げ、『復讐(ふくしゅう)するは我にあり』(1943)、『我は此処(ここ)にあり、父よ』(1948)で、ナチス支配下のユダヤ人の運命を記しながら、極限状況における人間の行為と良心の相克を描いた。長編『またふたたび』(1950)では、革命後の祖国から脱出を図る男女の姿に、全体主義体制と自由の問題を投影している。

[幅 健志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「トールベルク」の解説

トールベルク
Torberg, Friedrich

[生]1908.9.16. ウィーン
[]1979.11.10. ウィーン
オーストリアの小説家,詩人。本名 Friedrich Kantor-Berg。雑誌『フォールム』 Forumの編集長として著名。ユダヤ系作家として各地に亡命生活をおくった。作品にも権力と良心の問題が反映している。小説『父よ,私はここにいる』 Hier bin ich,mein Vater (1948) ,『第二の出会い』 Die zweite Begegnung (50) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典「トールベルク」の解説

トールベルク

生年月日:1908年9月16日
オーストリアの小説家,詩人
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android