トーマス・C. マン(英語表記)Thomas C. Mann

20世紀西洋人名事典「トーマス・C. マン」の解説

トーマス・C. マン
Thomas C. Mann


1912 -
米国の政治家。
元・米国国務次官。
1942年国務省に入り、同年ウルガイ大使館特別補佐官となる。’50年米州担当国務次官補代理、’53年駐ギリシア大使代理、駐ガテマラ参事官、’55年エルサルバドル大使、’57〜60年国務次官補(経済)を歴任。’61年国務次官補、’61〜63年駐メキシコ大使、’63年国務次官補(米州)を経て、’65〜66年6月国務次官(経済)を務める。’60年3月来日。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android