トランスヴァール共和国(読み)トランスヴァールきょうわこく(英語表記)Transvaal Republic

旺文社世界史事典 三訂版 「トランスヴァール共和国」の解説

トランスヴァール共和国
トランスヴァールきょうわこく
Transvaal Republic

1852〜1902
ケープ植民地がイギリス領となった(1815)ため,その地のブーア人内陸にはいって建設した国家
ブーア人はイギリス人の支配をきらってオレンジ川以北に国家をつくり,1852年イギリスの承認を得た。しかし,世界最大のダイヤモンド鉱が発見されると,一時イギリスに併合された(1877)が,イギリス軍を破って再び独立した(1881)。1886年,国内に金鉱が発見されると,イギリスは再び合併を企て,99年南ア(ブーア)戦争突入,クリューガー大統領のもとに対英抗争を展開したが,1902年に屈服してイギリスに併合されて直轄植民地となり,10年には南アフリカ連邦の一州となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

特別抗告

(1) 民事訴訟法上,通常の不服申立が認められていない決定,または命令に対して直接最高裁判所に提起する抗告。この制度は,最高裁判所の違憲審査権を保障しようとするものであるため,原裁判に憲法解釈上の誤り...

特別抗告の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android