デカン

化学辞典 第2版「デカン」の解説

デカン
デカン
decane

C10H22(142.29).CH3(CH2)8CH3.脂肪族飽和炭化水素,アルカンの一つ.炭素数10のアルカンには,現在までに物理定数の知られている構造異性体が75存在する.これらの異性体の総称として用いられる場合もあるが,このうち,直鎖状のものをとくにデカンといい,異性体と対比して正デカンあるいはn-デカンともよばれる.原油中に含まれるほかに,150~180 ℃ 留分のタール中にも含まれる.製法は,デカン酸または2,2-ジクロロデカンをヨウ化水素酸と赤リンとともに加熱する方法と,ナフサより分留する方法とがある.無色液体.融点-29.66 ℃,沸点174.12 ℃.0.72625.1.40967.爆発範囲0.8~5.4体積%.有機合成原料および溶剤として用いられる.[CAS 124-18-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「デカン」の解説

デカン
でかん
decane

アルカンに属する炭素10個からなる鎖式飽和炭化水素の総称で、直鎖状のデカン(n-デカン)とその異性体をさす。狭義では、n-デカンCH3(CH2)8CH3だけをデカンとよぶ。n-デカンは石油中に存在し、タールの150~180℃留分にも含まれる。無色の液体で、溶剤などとして用いられる。

[佐藤武雄・廣田 穰]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android