ディリ(読み)でぃり(英語表記)Dili

日本大百科全書(ニッポニカ)「ディリ」の解説

ディリ
でぃり
Dili

東チモール民主共和国の首都。マレー諸島南部に位置するチモール島北東岸の港湾都市。人口約4万6900(2001推計)。ファタカマ岬に抱かれる天然の良港で平均水深も20メートルに達する。1796~1976年の間はポルトガル領チモールの首都であった。ヨーロッパ風の美しい熱帯都市景観を示し、華僑(かきょう)の居住者も多い。オーストラリア方面への航空路の中継地でもある。1999年の国連の東チモール暫定統治機構(UNTAET)の設置以前はインドネシア領、99~2002年は同機構の本部所在地で、同機構の監視下にあったが、2002年5月20日東チモールの完全独立に伴い、同国の首都となった。

[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ディリ」の解説

ディリ

東ティモールの首都,ティモール島の北東海岸の港湾都市。夏は比較的涼しいが乾季は長い。コプラ,カカオ,コーヒー,ゴムなどを集散。18世紀ポルトガル人が創設。ポルトガル領ティモールの主都であったが,1976年インドネシアに併合された。1991年インドネシア国軍が住民多数を殺害したサンタクルス事件の舞台となった。2002年5月インドネシアから独立,首都となった。19万2652人(2010)。→東ティモール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ディリ」の解説

ディリ
Dili

東ティモールの首都。ティモール島の北岸にあり,オンバイ海峡に面する港町。1975年までポルトガル領であったため,ポルトガル風の町並みが残る。石鹸香料陶器綿織物,コーヒーなどの工場がある。コーヒー,茶,皮革,ビャクダン(白檀),ゴムなどを積み出す。第2次世界大戦中,日本軍が占領した。人口 15万1026(2004)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ディリ」の解説

ディリ(Dili)

東ティモール民主共和国の首都。小スンダ列島東端のティモール島の北東岸に位置する。天然の良港に恵まれ、16世紀にポルトガルが植民地を建設。1796年から1976年までポルトガル領ティモールの首都が置かれた。2002年にインドネシアからの独立が認められ、同国の首都になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ディリ」の解説

ディリ【Dili】

インドネシア南東部,チモール島北岸にある都市。東チモール州の州都。人口6万(1980)。旧ポルトガル領チモールの主都であった。ファタカマ岬に守られて,モンスーンと外洋の波浪を防ぎうる天然の良港である。空港もある。1796年からポルトガル植民地の中心として樹木の多い都市を形成してきたが,1976年,紛争の結果,武力でインドネシア領に併合された。住民にはポルトガル人とマレー人との混血がかなり含まれる。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ディリ」の解説

ディリ

〘名〙 ⇒ジリ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android