ディニ(読み)でぃに(英語表記)Nh. Dini

日本大百科全書(ニッポニカ)「ディニ」の解説

ディニ
でぃに
Nh. Dini
(1936―2018)

インドネシアの代表的女性作家。東部ジャワのスマラン出身。本名ヌルハヤティ・スリハルディニNurhayati Srihardini。スチュワーデスを経て、フランス外交官と結婚しパリに移住。離婚して帰国後は故郷のスマラン在住。高校在学中からラジオドラマの脚本、さらに短編小説を書き始める。その後長編自伝小説を次々と発表。現代インドネシア文学界の新星とうたわれた。執筆活動のかたわら、自宅での子ども文庫(Pondok Baca)活動にも携わっていた。代表作は短編集『二つの世界』Dua Dunia(1956)、長編小説『私の名はひろ子』Namaku Hiroko(1977)、『船上で』Pada Sebuah Kapal(1973)、『日本 ひろ子の国』Jepun Negerinya Hiroko(2000)などがある。

[佐々木信子]

『ディニ著、舟知恵訳『エリサ出発』(1984・段々社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典「ディニ」の解説

ディニ
Nh.Dini


1936 -
インドネシアの作家。
スマラン(東部ジャワ)出身。
高校卒業時より短編小説を書き始め、スチュワーデスを経て、フランス外交官と結婚しパリに在住。その後、長編自伝小説を次々と発表し、現代インドネシア文学界の新星と称された。代表作には短編集「二つの世界」(1956年)、長編小説「私の名はひろ子」(’77年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android