ディウ(読み)でぃう(英語表記)Diu

日本大百科全書(ニッポニカ)「ディウ」の解説

ディウ
でぃう
Diu

インド西部、ダマン・ディウ中央政府直轄地を構成する一地区。アラビア海に面するカーティアワール半島南端に位置する。ジウともいう。東西10キロメートル、南北3キロメートルの小島と半島の一部よりなり、面積40平方キロメートル、人口4万4110(2001)。1534年にポルトガルの植民地となり、ゴアやダマンとともに東洋貿易の拠点として発展したが、イギリスの勢力拡大とともに衰退した。独立後、インド政府は再度にわたって返還を要求したが、ポルトガルは応じなかったため、1961年にインド軍が進駐し、激しい戦闘のすえ、62年インドに併合された。産業は漁業製塩業のほかにみるべきものはない。島には飛行場があり、カトリック教会や美しい海岸線が観光資源となっている。

[貞方 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ディウ」の解説

ディウ
Diu

インド西部,カティアワール半島南端の沖合いにある島。ダマン・ディウ連邦直轄地を構成。ディウ県の行政庁所在地。面積約 38km2。 1535年ポルトガルがインド貿易の拠点として築城してから 400年以上にわたってポルトガル領であった。中心地はディウ。町は城壁に囲まれ,ポルトガル領時代の教会,学校などが現存。 1961年インド軍が奪還,翌年インドの中央政府直轄地となった。町をはじめ島の各所で製塩,漁業,やし酒の蒸留が行われる。人口2万 643 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ディウ」の解説

ディウ(Diu)

インド西部の都市。カーティアワール半島南端の小島に位置し、ダマンとともに連邦直轄地区を成す。16世紀よりポルトガル領となり、東洋貿易の拠点となった。1962年にインドに返還。植民地時代の要塞跡やバロック様式の教会などがある。美しい砂浜が広がり、海岸保養地としても知られる。ディーウ。ジウ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のディウの言及

【ゴア[州]】より

…コンカンKonkan海岸の南端にある。1961年インド政府の武力解放により,ボンベイ北方のダマン,カーティアーワール半島海岸部のディウDiuの両旧ポルトガル領植民地とともにインド共和国に併合され,あわせて政府直轄地となる。87年ゴアのみで州になり,ダマン・ディウは直轄地として残った。…

※「ディウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android