チャガタイ・ハーン国(読み)チャガタイハーンこく(英語表記)Chaghatai Khān

世界大百科事典 第2版「チャガタイ・ハーン国」の解説

チャガタイハーンこく【チャガタイ・ハーン国 Chaghatai Khān】

13~14世紀に中央アジアを領域としたモンゴル人の国家。〈モンゴル四ハーン国〉の一つ。13世紀初頭,チンギスハーンの第2子チャガタイ・ハーンは,父から4000人(または8000人)のモンゴル人を分与され,初めはアルタイ山方面,次いで天山山中を本拠とするチャガタイウルスを創設した。チャガタイの没後,その子孫たちがハーン位を継承したが,常にモンゴル帝国中央における大ハーン位をめぐる権力争いに巻き込まれ,独立国というにはほど遠い状態が続いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android