チェスター・W. ニミッツ(英語表記)Chester William Nimitz

20世紀西洋人名事典 の解説

チェスター・W. ニミッツ
Chester William Nimitz


1885.2.24 - 1966.2.20
米国の軍人
元・海軍元帥。
テキサス州フレデリックスバーグ生まれ。
海軍兵学校卒業後、1918年大西洋艦隊潜水艦部隊参謀長となり、以後、アジア艦隊旗艦オーガスタ艦長、海軍省航海局局長などを歴任する。第二次世界大戦中は、’41年真珠湾攻撃の直後に太平洋艦隊司令長官となり、陸軍マッカーサーと協力して対日本軍攻撃作戦を指揮し、アメリカの対日戦勝利に大きな役割を果たした。’44年には海軍元帥に就任、’45年東京湾における日本降伏の調印式はニミッツの戦艦ミズーリで行われた。’47年に退役した後は海軍長官の特別補佐官などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android