ターンバックル(読み)たーんばっくる(英語表記)turn buckle

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ターンバックル」の意味・わかりやすい解説

ターンバックル
たーんばっくる
turn buckle

2点間に張った鋼索などのたるみをなくし、引き締めるのに使用される締め具の一種。左右にねじ棒があり、ねじ部が共通のナットで連結されている。一方の雄(お)ねじは右ねじで、他方の雄ねじは左ねじとなっている。雌(め)ねじのある部分、すなわちナットを回転すると、二つの雄ねじは互いに接近し、回転を逆にすると遠ざかる。構造物の支柱、支持鋼索の中間にターンバックルを入れておくと、これを回転することによって鋼索を強く緊張させることができる。

[中山秀太郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ターンバックル」の意味・わかりやすい解説

ターンバックル
turnbuckle

一端に右めねじを,他端には左めねじを切った特殊ナットをいう。これを回転させて引締め作業をすることから,かつては「引締めねじ」とも呼ばれていた。針金ワイヤロープ,ブレーズなどを緊張させるため,小は家庭用から大は土木建設用まで広く使用されている。形式にはオープン式,パイプ式,両枠式 (かんざし式) などがあるが,オープン式が最も一般的で,高荷重用と低荷重用とあり,単にターンバックルといえばこの形をさすほど普及している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リフォーム用語集 「ターンバックル」の解説

ターンバックル

ロープワイヤーやタイロッドなどの張力を調節する装置(金物)の事。金属製の胴を回転させることで両端に取り付けられたボルトが締め込まれ、張力を調節することが出来る。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

百科事典マイペディア 「ターンバックル」の意味・わかりやすい解説

ターンバックル

ワイヤロープ,鉄棒等の引張材の中間に入れ,互いに逆に切った両端部のねじにより引張具合を調節する締付器具。つり橋鉄塔,鉄骨枠(わく)組立て等に利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版 「ターンバックル」の意味・わかりやすい解説

ターンバックル【turnbuckle】

ワイヤロープなどを強く引っ張るためのねじ装置。図に示すように,中央の胴体枠の両端にそれぞれ右ねじと左ねじをもつねじ部品で,胴体枠を図の矢印の方向に回転させることによって両端のねじ棒が互いに近づき,ねじ棒に結び付けられたワイヤロープが強く引っ張られる。港湾土木,送電架線などで使用される。【北郷 薫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android