タシロイモ

百科事典マイペディア 「タシロイモ」の意味・わかりやすい解説

タシロイモ

東南アジアポリネシアに広く分布するタシロイモ科の多年草。高さ70〜100cm。葉は3裂して深く切れ込む。塊茎は大量のデンプンを含むが,苦みがあってそのままでは食用に適さないので,すりつぶして何回も水洗し,精製したものを食用とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版 「タシロイモ」の意味・わかりやすい解説

タシロイモ【Tacca leontopetaloides (L.) O.Kunz.(=T.pinnatifida Farst.et Forst.f.)】

地下球茎有し外見コンニャクに類似したタシロイモ科の多年草(イラスト)。球茎は扁球形で直径10~30cmになり,2~数枚の葉を生する。葉は円柱形の長さ30cm~1mの長い葉柄を有し,葉身は3裂しさらに各裂片は多裂してコンニャクの葉に似る。花茎は葉よりも高く,頂端に緑色あるいは帯暗紫色の大きな苞を数枚~10枚つけ,その中に散状に花を多数つける。花は3~5cmの花柄を有し,子房下位でらっぱ状になり,開花時には垂れ下がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android