セ氏度(読み)セしど

単位名がわかる辞典「セ氏度」の解説

セしど【セ氏度】

温度および温度差の国際単位。記号は「℃」。1ヘクトパスカル(hPa)の気圧下で、水の氷点を0℃、沸点を100℃として設定する。0℃は273.15ケルビンにあたる。◇名称は、スウェーデンの天文学者セルシウスが考案したことによる。「セルシウス度」「摂氏温度」ともいう。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android