セレー(読み)せれー(英語表記)Sérrai

日本大百科全書(ニッポニカ)「セレー」の解説

セレー
せれー
Sérrai

ギリシア北部、マケドニア地方セレー県の県都。人口5万6145(2001)。ストルマ川下流左岸流域に位置し、タバコと綿花取引の中心地。ラテン名セラエSerrae, Serhae、ビザンティン帝国時代はシリスSiris、オスマン帝国時代はシロスSirozといった。ヘレニズム時代からの都市で、ビザンティン帝国時代に繁栄した。1345~71年にはセルビア王国の首都となった。1368年オスマン帝国が占領し、1913年より一時ブルガリア領を経てギリシア領となった。アクロポリス廃墟(はいきょ)やビザンティン帝国時代の要塞(ようさい)や教会などが残る。

[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android