セルモーター(読み)せるもーたー

日本大百科全書(ニッポニカ)「セルモーター」の解説

セルモーター
せるもーたー

主として自動車のエンジンを始動させるための電気モーター。英語ではセルフスターターself starterという。イグニッションキーをオンにしたのち、さらに一段ひねるとスイッチが入ってバッテリーからの電力で回転、スクリューによりピニオンギヤがフライホイール外周のリングギヤにかみ合ってクランクシャフトを回す。エンジンがかかると自動的にピニオンギヤがリングギヤから外れるようになっている。

 初期にはエンジン前方のクランク棒を手で回して始動させたが、強い腕力を要するために女性や老人にはきつい仕事であった。さらにエンジンの不正爆発による逆転で腕や顎(あご)の骨を折ったり、ときには死亡することさえあった。そこでアメリカのキャデラック社の社長リーランドHenry M. Lelandがデルコ研究所所長のケッタリングCharles F. Ketteringに開発を委嘱、1912年型のキャデラック車に初めて採用された。

[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「セルモーター」の解説

セル‐モーター

〘名〙 (洋語cell motor) 直流電動機の一つ。自動車のエンジンなどの原動機を始動させるのに用いる電動機。英語では self-starter という。始動モーター。自動始動機。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「セルモーター」の解説

セル‐モーター(cell motor)

自動車エンジンなどの内燃機関を始動させるための電池式電動機。セル。セルスターター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android