セリー(読み)せりー(英語表記)série フランス語

日本大百科全書(ニッポニカ)「セリー」の解説

セリー
せりー
série フランス語
Reihe ドイツ語

楽用語。十二音音楽または十二音技法による楽曲の基礎形態として設定された12音音列Zwölftonreihe(ドイツ語)、série dodécaphonique(フランス語)をさす。それは、一オクターブを12等分した12種類の音を平等に扱うため、省略重複することなく配列した音列で、そこではどの一つの音も他の11の音すべてが現れるまでけっしてふたたび用いられることはない。したがって、こうしてつくられる音列は、音の連なる順序を規制し、また楽曲を通して何度も繰り返し現れるため、伝統的な調性音楽における主題に類似した役割を担っている。ただし、各音はどのオクターブのものを用いてもよい。また、同じ音列の繰り返しから生じる単調さを避けるために原音列のさまざまな変形がなされる。変形法には原形をそっくり別の高さに移す移置、音程の上行と下行とを正確に逆に進ませる反行形、原形の配列を逆の順序にする逆行形、後二者を組み合わせた反行逆行形などがある。

 なお、十二音音楽が成立した当初、セリーは音高に関してだけ適用されていたが、しだいにその観念が和音やリズム、さらには音色や強弱法にまで広げられ、ミュージック・セリエルへと導かれていった。

[黒坂俊昭]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「セリー」の解説

セリー
série

音楽用語。順列のこと。特に12音音楽作曲の基礎として用いられる音列をさす。 12音音楽においては,音列は半音階中のすべての音を1回ずつ用いることにより構成される。現在ではさらに進み,音高のみではなく音価,音色,奏法,音の強度にまで順列の理論を応用した試みがなされて,ミュジック・セリエル musique sérielleなどの新しいセリー技法に発展している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「セリー」の解説

セリー

〘名〙 (série)
① 一二音階一オクターブ中の一二の半音をすべて含んでいる一二音の音列。→十二音音楽
絵画版画で、同一の主題や対象を扱った一連の作品。連作

セリー

〘名〙 ⇒シェリー

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「セリー」の解説

セリー(〈フランス〉série)

《音列の複数の音を一定の順序に配列したもの。特に十二音音楽で、1オクターブを12等分した異なる12の音を、重複・省略のないように配列した音列をさす。

セリー(sherry)

シェリー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「セリー」の解説

セリー【série[フランス]】

音列のこと。音列とはある数の音を一定の順序に並べ,それを作曲の基礎として用いるもので,十二音音列が最も代表的な例である。十二音音列は作曲における多様化を図るため,原形(基礎形態Original)に対して,その反行形(Inversion),逆行形(Retrograde),反行の逆行形(Retrograde Inversion)という変化形を用いる(略号は通常英語の頭文字O,I,R,RIを使うが,ときにはドイツ語のG,U,R,KUも用いられる)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android