セラ寺(読み)せらじ(英語表記)Se-ra

日本大百科全書(ニッポニカ)「セラ寺」の解説

セラ寺
せらじ
Se-ra

チベット仏教の黄帽(こうぼう)派(ゲルク派)の四大本山の一つ。チベットの南東部、首都ラサの北3キロメートルの山麓(さんろく)部にある。正式な寺名はテク・チェン・リンtheg chen gli(大乗寺)という。黄帽派の開祖ツォンカパの高弟ジャムツェン・チョエジェbyams chen chos rjeによって1417年に建立。学問寺としてはチベットにおいても最大規模のものの一つで、顕教(一般に大乗仏教)の学部二つ、密教の学部一つの合計3学部を擁し、かつては学僧5000余人が居住していた。ラサのダライ・ラマの宮殿ポタラ宮を補佐し、官寺としての性格が強かったためもあり、1951年3月中国軍・官による弾圧とそれに対する反乱により寺域は破壊され、僧徒の多くが、ダライ・ラマに従ってインドへ逃亡した。

[金岡秀友]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「セラ寺」の解説

セラ寺
セラじ
Se ra

中国チベット自治区ラサ北郊にあるチベット仏教黄帽派四大僧院の1つ。ツォンカパの名代として明朝を訪れた大慈法王シャーキャ・イェシェー (1354~1435) によって 1419年に創建。3つの顕教学堂と1つのタントラ道場をもち,ダライ・ラマ2世以来その直轄僧院となった。ここには河口慧海多田等観留学した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「セラ寺」の解説

セラ寺【セラじ】

チベットのラサ地方の山麓にあるラマ教(チベット仏教)黄帽(こうぼう)派四大寺の一つ。シャキャ・イェシェーが1419年に創建した大僧院などからなり,ダライ・ラマ2世以来その直轄寺となった。日本からも河口慧海らが留学。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「セラ寺」の解説

セラじ【セラ寺 Se ra theg chen gling】

中国,チベット自治区のラサ北郊にあるゲルー派四大寺の一つ。ツオンカパの名代として明の永楽帝に招かれ,大慈法王の称号を受けたシャキャ・イェシェーShakya ye shes(1354‐1435)が1419年に創建した大僧院,三つの仏教哲学研修学堂と一つの密教実践道場を持ち,ダライ・ラマ2世以来その直轄寺となった。ここには河口慧海,多田等観が留学した。当時の僧数は700人に近かったとされている。【山口 瑞鳳

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android