セミアクティブタグ(英語表記)semi-active tag

デジタル大辞泉 「セミアクティブタグ」の意味・読み・例文・類語

セミアクティブ‐タグ(semi-active tag)

ICタグ一種電池を内蔵し、外部からの特定信号を検知した時に、アクティブタグとして機能する。電池を内蔵しないパッシブタグよりも読み取り可能な通信距離が長く、アクティブタグよりも電力消費が少ない。マラソン自転車競技のタイム計測、企業や学校の入退室管理に利用される。セミアクティブ型ICタグセミアクティブ型RFIDタグ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android