セベリ(読み)せべり(英語表記)Francesico Severi

世界大百科事典 第2版「セベリ」の解説

セベリ【Francesco Severi】

1879‐1961
イタリアの数学者。代数幾何学における,いわゆるイタリア学派の中心人物。イタリア中部のアレッツォで生まれた。トリノ大学でセグレCorrado Segre(1863‐1924)の下で数学を学び,1900年に卒業した。02年にはボローニャ大学でF.エンリケス,03年にはピサ大学でベルティニE.Bertiniの助手になった。これら3人はいずれもイタリア学派の重要人物であり,この3人の直接の影響がセベリのその後の研究におおいに影響したと判断される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「セベリ」の解説

セベリ
せべり
Francesico Severi
(1879―1961)

イタリアの数学者。アレッツォに生まれ、トリノ大学で数学を学んだ。ローマ大学教授。またローマ大学内に設けられたローマ国立高等数学研究所Instituto Nazionale di Alta Matematicaの所長であった。1890年代以後に、イタリアの幾何学者たちは、代数曲面の研究に、いわゆる代数幾何学的な方法を当てはめて代数幾何学の発展に寄与したが、セベリはその指導者として多くの論文を発表し、弟子を養成した。日本・ドイツ・イタリアが三国同盟を結んだとき、イタリアからの文化使節として来日(1936)、東京帝国大学において相対性理論に関する講演を行ったことがある。

矢野健太郎

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android