セブ(英語表記)Cebu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「セブ」の解説

セブ
Cebu

フィリピン,ビサヤ諸島中部,セブ島東岸にある市。セブ州州都ビサヤ諸島のほぼ中央部にあって,マクタン島に守られた天然の良港をもつ。一大商業中心地で,マニラに次ぐ貿易港でもある。荷扱い品はコプラマニラアサ,砂糖,木材,水産品などで,市内にはそれらの倉庫やマニラに本店をもつ商社,銀行の支店などが並ぶ。工業は織物製靴,食品加工,搾油,木工などがある。脊梁山脈が迫るため,市街は海岸に沿って延び,マクタン島を含む都市圏が形成されつつある。道路が集中し,東岸沿いの鉄道が通り,国際空港もある。 1521年マゼランが上陸した地であり,65年 M.レガスピがフィリピンにおける最初のスペイン人の町を築いて,71年マニラに移すまで植民地攻略の根拠地とした。しかしのちにはスペイン,アメリカの植民地支配に対する反乱で重要な役割を果した。スペイン文化の影響が色濃く残っており,サン・ペドロ城塞跡やサン・アウグスティン聖堂などがある。ビサヤ諸島中部で用いられるセブアノ語の文化の中心地で,フィリピン最古のサン・カルロス大学 (1595) など5つの大学がある。人口 61万 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「セブ」の解説

セブ
せぶ
Cebu

フィリピン中部、ビサヤ諸島のセブ島東岸の港湾都市。セブ州の州都。人口71万8821(2000)。長くマニラに次ぐ地位にあった都市で、ビサヤ地方の行政、経済、教育、交通の中心をなし、マニラとの間には頻繁に海空の便がある。セブアノ語を母語とする人口は全国第一で全人口の25%を占める。内海に位置するため降水量は少なく、基盤も石灰岩で水田は少ない。食品、セメントなどの工業が市の内外に多い。橋で結ばれているマクタンMactan島には空港があり、輸出加工区が設けられている。1521年世界周航の途次立ち寄ったマジェランは、住民の紛争に介入を試みてマクタン島で戦死した。また1565年から5年間、スペインによる支配の拠点となった。マジェランの十字架やサン・ペドロ要塞(ようさい)などが残されている。付近にはサンゴ礁が多く、そのいくつかは海岸保養地として開発され、日本人の観光客も多い。

[高橋 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「セブ」の解説

セブ

フィリピン中部,セブ島の主都。東海岸の中央に位置。1565年スペイン人レガスピM.L.Legazpi〔1505―1572〕が創設したフィリピン最初のスペイン人の定住地。フィリピン群島の中心に位置するため,海空交通の要地となっている。コプラ,麻などを輸出し,近年はセメントなど各種工業も興る。対岸のマクタン島と大橋で結ばれ,観光拠点としてにぎわう。86万6000人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「セブ」の解説

セブ(Cebu)

フィリピン中央部、ビサヤ諸島に属すセブ島の都市。セブ州の州都。同島東岸に位置する。マゼラン一行による世界周航において、1521年にフィリピン初の上陸地となった。サントニーニョ教会サンペドロ要塞など、スペイン統治時代の建造物が残っている。セブシティー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「セブ」の解説

セブ【Cebu】

フィリピン中部,セブ島東岸に位置する都市。人口66万2000(1995)。セブ州の州都で,中・南部フィリピンの政治・経済・文化の中心地である。1521年世界周航の途中に立ち寄ったマゼランの一行により,ここでフィリピン最初の聖餐式と洗礼が行われた。65年スペインのレガスピ一行によって植民地経営の拠点に選ばれ,71年総督府のマニラ移転後も引き続き中・南部支配の根拠地であった。対岸のマクタン島に遮蔽された良港セブ港は1863年に外国貿易に開港され,コプラ,マニラ麻,砂糖などの輸出港,中部フィリピン最大の物資集散地として大いに栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセブの言及

【セブアーノ族】より

…フィリピンのいわゆる平地キリスト教民の一グループで,ビサヤ族に属し,セブ島,ボホール島,ネグロス島東部,レイテ島西部,ミンダナオ島北海岸部などに住み,セブアーノ語を話す。人口は1026万(1975)で総人口の24.3%を占め,タガログ族と並んでフィリピンで最大の言語グループを形成している。…

※「セブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android