セダン(読み)せだん(英語表記)Sedan

翻訳|sedan

日本大百科全書(ニッポニカ)「セダン」の解説

セダン
せだん
Sedan

フランス北東部、アルデンヌ県の都市。ベルギーとの国境に近く、ムーズ川に沿って位置する。スダンともいう。人口2万0548(1999)。「スダン」のほうが原音に近い。16世紀以来、毛織物、羅紗(らしゃ)地の生産が盛ん。ほかに金属、機械工業も行われる。中世以来の都市で、ムーズ川右岸の高台に15~17世紀の城塞(じょうさい)が残る。

 15世紀初めに王領地を譲り得たラ・マルク家のもとで、いまも残る強固な大城塞が造営され、その周りに都市が発展した。毛織物業が栄え、また宗教改革のもとでカルバン派のアカデミーが設立され、プロテスタントの一つの牙城(がじょう)となった。17世紀なかばにリシュリューによって王領地に併合された。コルベールは王立織物作業場を建設し、毛織物業を奨励したが、1685年にナントの王令が廃止されると、プロテスタントの織工たちはカトリックの支配を恐れて外国に逃れ、毛織物業はしだいに衰退していった。その後、国境に近く軍事的要地ということもあって、ドイツとの戦争のたびごとにドイツ軍の攻撃にさらされた。ナポレオン1世の敗北後の1815年にはヘッセンの軍隊に占領され、1870年のプロイセン・フランス戦争では戦場と化した。第二次世界大戦では、ドイツ軍は1940年5月の「セダンの戦い」でフランスの防衛線を突破し、パリへの侵攻を勢いづけた。

[本池 立]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「セダン」の解説

セダン
sedan

乗用車の形式の一つ。アメリカ,日本ではセダン,イギリスではサルーン,ドイツではリムジーネ,フランスではベルリン,イタリアではベルリーナなどと呼ばれるが,最近はサルーンと呼ばれることが多い。固定式の屋根,仕切りのない前後2列の座席をもつ箱型自動車である。普通4~6人乗りで2ドア,4ドアがある。また,このような実用的乗用車を特にツーリングカーと呼称する場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「セダン」の解説

セダン

〘名〙 (sedan) 乗用自動車の型式のうち、前後二列の座席を備え、その間を仕切ってない箱型自動車。
※一千一秒物語(1923)〈稲垣足穂〉月の客人「白い並木道を一台のセダンが走ってきて」
[補注]現在はふつう、車体後部にトランクルームを備え、車室内に荷物用のスペースをもたない二列座席の乗用車をいう。

セダン

(Sedan) フランス北東部、ベルギー国境近くのムーズ川右岸の工業都市。一六世紀以来毛織物工業がさかん。普仏戦争、第一次・第二次世界大戦では、激戦の後ドイツ軍に占領された。スダン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「セダン」の解説

セダン(Sedan)

フランス北東部、ベルギー国境近くのムーズ(ミューズ)川沿いにある都市。毛織物・ラシャ地の産地。1870年普仏戦争で仏軍が敗れナポレオン3世捕虜となった地。第一次・第二次大戦でも激戦地。スダン。

セダン(sedan)

自動車の型式の一。ボンネット・室内スペース・トランクルームの三つに分かれている箱型乗用車。サルーン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「セダン」の解説

セダン

乗用車の車体の最も一般的な形式。前後2列の座席を備え,間に仕切りのないものをいう。定員はふつう4〜6人。英国ではサルーンsaloonと呼ぶ。
→関連項目グランドツーリングカー

セダン

スダン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のセダンの言及

【スダン】より

…フランス北部,アルデンヌ県の町。セダンとも呼ぶ。ベルギー国境に近く,アルデンヌ山地のくぼ地を流れるムーズ川の右岸に位置する。…

※「セダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android