セタン

化学辞典 第2版「セタン」の解説

セタン
セタン
cetane

C16H34(226.45).CH3(CH2)14CH3ヘキサデカンともいう.脂肪族飽和炭化水素(パラフィン族)の一つ.炭素数16のアルカンのうち,直鎖状のものをとくにセタンという.異性体と対比して正ヘキサデカン,n-ヘキサデカンともよばれる.原油に含まれる.製法は,ヨウ化セチルをエタノールまたは酢酸中で亜鉛塩酸を用いて還元するか,パルミチン酸ヨウ化水素と赤リンとともに加熱する方法と,軽油留分から分留する方法とがある.低温では無色の結晶性固体,常温では無色の液体.融点16.17 ℃,沸点286.79 ℃.0.76996.1.43250.エタノール,アセトンエーテルに可溶,水に不溶.ディーゼル燃料発火性を示すセタン価を測定するための標準燃料(セタン価 = 100)であり,すぐれたディーゼル燃料の一成分である.ほかに溶剤としても用途がある.[CAS 544-76-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「セタン」の解説

セタン
せたん
cetane

炭素数16個のアルカンのうち直鎖状のものをいい、命名法ではヘキサデカンという。セテンの水素添加、あるいはパルミチン酸をヨウ化水素と赤リンで加熱、還元して合成する。温アルコール、エーテルに可溶。水に不溶。ディーゼル燃料の発火性の良否を示す指数であるセタン価を測る標準物質である。ほかに溶剤としても用いられる。

[佐藤武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「セタン」の解説

セタン
cetane

化学式 CH3(CH2)14CH3メタン系炭化水素の一種で,ヘキサデカンともいう。融点 18.1℃,沸点 278℃。パルミチン酸をヨウ化水素と赤リンで還元して得られる。ディーゼルエンジンに対してアンチノック性が大きいので,標準物質として用いられる。セタンのセタン価を 100,α- メチルナフタリンのセタン価を0としてセタン価を表わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「セタン」の解説

セタン(cetane)

飽和炭化水素の一。セタン価の標準燃料。化学式C16H34 ヘキサデカン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「セタン」の解説

セタン【cetane】

炭素数16個のアルカン(脂肪族鎖式飽和炭化水素)。IUPAC名はヘキサデカンhexadecane。化学式C16H34。無色の結晶で,融点18.165℃,沸点286.793℃。水に不溶,エーテル,エチルアルコールにはよく溶ける。ヨウ化セチルCH3(CH2)14CH2Iまたはパルミチン酸CH3(CH2)14COOHの還元で得られる。ディーゼル燃料のセタン価を求める際の標準燃料。【中井 武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「セタン」の解説

セタン

〘名〙 (cetane) =ヘキサデカン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android