スカル

精選版 日本国語大辞典「スカル」の解説

スカル

〘名〙 (scull) 左右一対の櫂(かい)両手で持ってこぐボート競技。また、そのボート。ボートは軽く細長い。一人こぎ(シングルスカル)、二人こぎ(ダブルスカル)、四人こぎ(クオドルプル)の種別がある。
オリンポスの果実(1940)〈田中英光〉一四「お互ひに、片手をあげては、スカアルの小さくなるまで、合図を交して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「スカル」の解説

スカル
scull

漕ぎ手が両手に1本ずつ,スカルというやや短めのオールを持って漕ぎ進むボート,またそれを用いたレース。シングル (1人乗り) ,ダブル (2人乗り) ,クオドルプル (4人乗り) に各男女種目がある。クオドルプルにはコックス (舵手) が同乗する舵手つき種目もある。日本の女子ボートでは舵手つきクオドルプルが花形種目になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「スカル」の解説

スカル

スポーツ用の細長いボート,またこのボートを使用するボートレースをいう。カヌーと異なりオールがローラックで固定され,各人左右2本のオールでこぐ。競技にはシングルスカル(1人乗り)とダブルスカル(2人乗り)とフォアスカル(4人乗り。クオドルブルスカルとも)の3種目があり,距離は1000mと2000m。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「スカル」の解説

スカル(scull)

左右両側のオールをこぐ、レース用の細長い小艇。また、そのようなこぎ方で行うボート競技。一人乗り(シングル)、二人乗り(ダブル)、四人乗り(クオドブル)がある。軽漕艇けいそうてい。スカール。 夏》
[補説]クオドブルは、こぎ手に加えしゅを乗せるものもある。

スカル(skull)

頭蓋骨。どくろ。「スカルキャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスカルの言及

【ボート】より

…日本語としては西洋型の小舟を意味する。そして公園の貸しボートや競技用のエイト,フォア,スカルなどオールでこぐスポーツないし娯楽用のものを指すことが多い。エイトとフォアはそれぞれ8人と4人が1本ずつオールをこぐが,スカルは1人で両玄2本のオールをこぐ。…

※「スカル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android