ザ・テン(読み)ざてん

世界大百科事典内のザ・テンの言及

【ハッサム】より

…ボストンに出て木版画や油彩を手がけたのち2度にわたってパリに赴き,フランス印象派の影響を吸収。《グランプリの日》(1887)以後,軽快な筆触による印象派風の作品を生み,帰国後98年にはウェアJulian Alden Weir,トワックトマンJohn Henry Twachtman,ターベルEdmund Charles Tarbell,ベンソンFrank Weston Bensonらとアメリカ印象派のグループ〈ザ・テンThe Ten〉を結成し,その中心的存在として活動した。しかし彼らはフランス印象派とは違って対象の形を消滅させることはなかった。…

※「ザ・テン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android