ザンデ族(読み)ざんでぞく

世界大百科事典内のザンデ族の言及

【アザンデ族】より

…人口は75万以上と推定されるが,種族的には複雑で,スーダン系諸族とナイロートやバントゥー系諸族とが混血したとされる。歴史的には独立的な性格の小王国に分立していたが,17世紀末にアボンガラという有力なクランが他を征服して,アザンデ族を統合した。 アザンデ族の居住地は,ナイル川およびコンゴ川の上流の小河川が交錯する,ゆるやかな丘陵地帯で,生業として焼畑農業とともに漁労や狩猟を営む。…

※「ザンデ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android