ザンギー(読み)ざんぎー

世界大百科事典内のザンギーの言及

【ザンギー朝】より

…1127‐1222年。セルジューク朝の分裂に乗じて各地に自立したアター・ベク国家の一つで,創始者はマリク・シャーの奴隷兵であったアーク・スンクルの子ザンギーZangī(1084‐1146,在位1127‐46)。1127年,ザンギーはモースル総督に任ぜられて自立し,西はシリア,北はクルディスターンに進出して領土を拡張するとともに,44年にはエデッサを陥れて十字軍への反撃を開始した。…

※「ザンギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android