ゴンブルサ事件(読み)ゴンブルサじけん(英語表記)Gomburza Incident

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ゴンブルサ事件」の意味・わかりやすい解説

ゴンブルサ事件
ゴンブルサじけん
Gomburza Incident

フィリピン民族主義運動初期の3神父処刑事件。ゴンブルサとは3人の姓であるゴメスブルゴス,サモーラの第1音節をとったもの。 1872年,マニラ南西方カビテ地区の労働者が反動的な総督ラファエル・デ・イスキエルドの政策に抗議して暴動を起こした。総督をはじめとするスペイン人らは,背後にフィリピン人在俗神父の扇動があったものとみて,同 1872年2月 17日,その代表格である3人を公開の場で絞首刑に処した。この事件はフィリピン民衆に大きな衝撃を与えた。ホセ・リサールの晩年の長編小説『反逆・暴力・革命』 (原題『離脱者』 El filibusterismo,1891) は,この事件を題材としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版 「ゴンブルサ事件」の意味・わかりやすい解説

ゴンブルサじけん【ゴンブルサ事件】

1872年2月17日フィリピンで3人の在俗神父,ゴメスMariano Gomez(1799‐1872),ブルゴス,サラモJacinto Zamora(1835‐72)が処刑された事件。3人の姓の最初の音節をつないでゴンブルサGom‐Bur‐Za事件と呼ぶ。事件の直接の契機は,72年1月,ルソン島カビテ州のサン・フェリペ要塞で起きた暴動事件であった。ここで働く労働者は,従来トリブート(貢税)と強制労働を免除されていたが,この特権が突然廃止されたので,それを不服として暴動を起こした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android