ココナッツファイバー(英語表記)coconut fibre; coir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ココナッツファイバー」の意味・わかりやすい解説

ココナッツファイバー
coconut fibre; coir

ココヤシの実の殻からとった繊維で,コイヤーファイバーともいう。精製の際,繊維の方向をそろえて長い繊維をより分けるが,こうして得られた長い繊維をブリッスルファイバー,くしけずり落された短繊維をマットレスファイバー,その中間のものをオーマットファイバーという。薄茶色のあらい繊維で,ほうきブラシ,たわしなどから乗物クッションなどにまで広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エルニーニョ現象

《El Niño events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より高くなる現象。発生海域のみならず、世界的な異常気象の原因となる。逆に海水温が下がるラニーニャ現象も...

エルニーニョ現象の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android